> > > 技術職 > 土本社員

土本社員

KGS社員インタビュー

春日井工場 土本社員 2008年入社 (生産工学部 応用分子化学科 出身)

新材料の試作~生産まで。
製品の生産だけでなく、新材料にも携わっているのが私です!

staff_tsuchimoto

北川工業では材料から生産を行っています。私は、新材料の条件出しから生産に携わっています。
新材料を市場に出すためには、研究試作レベルから、売れるための材料にしなければなりません。その材料が生産に適していて安定的に生産できるか、コスト的に他社に対抗できるかなどを、まずは試作します。問題がなければ生産し、生産するための管理を行っています。

◆植物×樹脂=新材料プロジェクト!

現在、植物と樹脂を混ぜ合わせ、新しい材料をつくるプロジェクトを進めています。
今までの知見がほとんどなく、植物の成分等、一から知識をつけなければなりません。 現状の仕事とのバランスが不安でしたが、新しい取り組みにワクワクして、やってやろうと気合いが入りました!

◆納期問題。進捗の効率を第一に!

一番の問題は、知識不足。今回のテーマは植物系と樹脂なので、水と油のようなもの。 植物の成分、構造なども勉強しました。
もうひとつの問題は納期です。あくまで仕事なので、期限内に成果を出さなければなりません。まずは、試作品を作ってみましたが、問題点がたくさん出てきました。その問題点を一つひとつ把握して、社内・社外問わず知識のある人に話を聞き、幅広い観点から情報提供していただきました。
どんな仕事でも同じですが、時間は無限にある訳ではありません。進捗の効率を第一に考えて行動することを心がけていました。

◆問題点を解決策まで導く!

現在進行中のプロジェクトのため、どの程度の成果がでているかは言えませんが、ベースがしっかりしてきた実感はあります。自分で試作等をして問題点が発生しても、解決策まで導くことができ、今後のスケジュールに落とし込むことができています。

◆自ら生み出したものを世界へ!

私の今後の目標は、世界的に通用する人材になること。 日本の市場だけではなく、海外でも通用する人材になって、自ら生み出したものを世界に提供していきます!

staff_tsuchimoto

◆提案すればやりたいように仕事ができる! 

北川工業に入社しようと決めたのは、大企業と違い、幅広い業務に携われるところに魅力を感じたからです。
部品メーカーなので、様々な部品があり、それに伴って様々な材料を取り扱っています。
そのため、幅広い知識がつき、モノの流れに関しても、いち早く世界から情報が入り、最先端で仕事ができると感じたからです。
北川工業は、プランをしっかりたてて提案すれば、やりたいように仕事ができる環境があります。

◆Message

就職活動は、保守的にならずに、新しい事にチャレンジできる自分をアピールして欲しいと思います。失敗しても、そこからまたプランを組み、再度挑戦し、結果を出せる人を企業は求めていると思います。
どんな場面でも、笑顔で元気な人に人は集まると思います。見た目、雰囲気で余裕を持って落ち着いた人材になって欲しいと思っています。

製品に関するお問い合わせ

製品情報や技術サポート情報などは、「製品サイト」にてご覧いただけます。「製品に関するお問い合わせ」や「サンプル請求」も製品サイトで受け付けております。

製品サイト

製品に関するお問い合せ

PAGE TOP