> > > 技術職 > 中村社員

中村社員

KGS社員インタビュー

稲沢工場 中村社員 2002年入社 (工学部 電子工学科 出身)

試行錯誤の中に、達成感を見いだす仕事。

staff_nakamura

稲沢工場では、スパッタリングと呼ばれる真空薄膜技術を用いて、透明導電膜や熱線反射などの機能を持った薄膜の開発・生産を行っています。当社の取り組むスパッタリング事業は樹脂フィルム上に酸化物膜や金属膜を形成させ、生産しています。そのため、電磁波対策やタッチパネル等、様々な用途に使用することが可能です。

◆入社1年目。新規事業の立上げに挑戦。

2001年、稲沢事業所(現在の本社)が開設されると同時に、薄膜技術の研究開発を行う事業室(現在の稲沢工場)は新設されました。私はその翌年に入社。3ヶ月の現場研修後、この部署に配属されました。メインは新製品の開発から試作・量産対応。何分、新設されたばかりの部署でしたから事業室の立上げに関する事から雑用まで。とにかくいろんな体験をしました。毎日がはじめてのことだらけ。苦労しましたが、何度も失敗を繰り返し、自分の関わったものが製品となっていく様子を見てきて、仕事にやりがい・達成感も感じることが出来ました。

◆思い通りにいかない・・・だから、喜びがある。

研究開発という仕事は、思い通りの結果が得られないことが多いです。失敗、挫折は幾度となく経験することでしょう。しかし、試作を繰り返し、ようやく求めていた結果が得られた時はなんとも言えない喜びがあります。その結果、自分が開発した製品が世にでるのですから...。研究開発を仕事として目指す方には是非体験してみて欲しいですね。1から苦労してやってきたことが、結果として現在に繋がっており、タブレット端末に使用される部材など製造をメインに行っています。

◆時には厳しく、時には楽しく!

社員の皆さんは良い人ばかりでとても頼り甲斐があります。時には厳しく、時には楽しく、そういった上司、先輩、後輩達に囲まれた職場です。仕事以外の場でも仲良く、充実した日々を過ごしています。そういった日々を過ごす事が出来るためか、自由に意見交換ができ、自分らしさがにじみ出てくるような会社。KGSはそんな会社だと思います。

staff_nakamura

◆Message

仕事、会社を選ぶ基準は人それぞれだと思います。「今まで学んだことが会社のために活かせるかどうか」ということは大切なことだと思います。しかし、仕事を通して学ぶことも多く、その経験は様々な場面で役に立つことでしょう。色々な経験を積み、会社のためと思わずに自分のためとなる仕事を選択してください。「自分の成長が会社の成長に繋がる」そういった“意志”を持っていれば後悔することはないと思います。強い“信念”や“意志”を持った方を私達は待っています!

製品に関するお問い合わせ

製品情報や技術サポート情報などは、「製品サイト」にてご覧いただけます。「製品に関するお問い合わせ」や「サンプル請求」も製品サイトで受け付けております。

製品サイト

製品に関するお問い合せ

PAGE TOP