> > > 事務職 > 田中社員

田中社員

KGS社員インタビュー

名古屋支店 田中社員 2015年入社 (農学部 生物資源学科 出身)

staff_tanaka1

◆営業事務は機転を効かせた対応力が大切

私の主な仕事は、お客様からご注文頂いた商品を、要望どおりにお届けするための事務処理です。
しかし、ただ注文内容をシステムに入力するだけではありません。
在庫や納期などから状況判断し、営業事務同士はもちろん、他部署との交渉や調整を行います。その他には、商品についての問い合わせなどメールや電話対応も並行して行っています。

◆突然やってきたチャンス

普段の仕事に少しずつ慣れてきた入社2年目に、上司から「展示会の司会をやってみないか」と打診されました。
入社間もない私が挑戦できることも嬉しく、あまり深く考えず快諾しました。通常業務とは全く違う初めての仕事だったので、あれこれ心配しても仕方がないと思っていました。
しかし開催日が近づくにつれ、営業社員を中心に全社一丸となって盛り立てていく様子を肌で感じ、少しずつ任された仕事の大きさを実感していきました。

◆仕事は一人じゃできないと実感

200名近くが来場するイベントの司会。もちろん不安を感じることもありましたが、イベント当日は、「先輩社員の方々がついてくれている。多少の失敗は何とかなるだろう。」と気負いし過ぎることなく乗り越えられました。
私は、昔から責任感を持ち過ぎてしまうタイプ。本来なら“ミスは許されない”と準備やリハーサル段階から肩に力が入って、体も心もガチガチになってしまう所でしたが、先輩方の気遣いを端々に感じ、私を信頼し、暖かく見守ってくださっていることに気づいたのです。
周りの人に支えられて仕事をしていることを実感し、緊張が心地よい集中へと変わっていきました。

◆繋がりを持つきっかけに

この司会の仕事は、新しい繋がりをもたらしてくれました。
これまでは、他拠点の方と直接お会いする機会がなく、間接的な接点しかありませんでした。しかし、この仕事を通して、間接的な接点しか無かった方や、声と名前しか分からなかった方ともお会いでき、じっくりとお話しすることができました。今は、電話の取次ぎひとつにおいても、顔が浮かび、以前より会社に溶け込めたように感じます。
お会いする機会があった際にも、私から積極的に声をかけ、お話しできるようにもなりました。ただ、今回の経験は、私を知って頂いたきっかけに過ぎません。
今後も、何かに挑戦する機会があれば、積極的にトライし、多くの人との関わりのなかで、繋がりを広げていき、そこで得たものを仕事に活かしていきたいです。

◆次のステップに向けて始動!

これからは、自社製品の知識や担当しているお客様に関する知識をもっと増やしていきたいですね。私はもともと理系出身なので、製品の役割についても興味がありました。しかし、入社して配属が決まってからは、日々の業務に追われて、なかなか勉強ができていませんでした。これからは、積極的に自分から動き、製品や取引先の知識をたくさん吸収していきたいです。そのためにも、しっかりタイムマネジメントをしながら、その手段を考えて、自らどんどん提案していくつもりです。

◆事務職でもチャレンジできる環境がある

私が北川工業に入社した理由は、ライフスタイルを考えながらも、やりがいを持って仕事ができると感じたからです。会社説明会や面接で、チャレンジしようと思えば事務職でも自ら挑戦していけるという話に、いいなと思いました。
事務職のイメージはドラマや漫画でみるような、コピー取りやお茶出し、指示されたことを淡々とこなしていく「OLさん」でした。しかし、北川工業の事務職ならば、仕事も頑張りたいし、プライベートも大事にしたい欲張りな私にはピッタリだと思って入社を決意しました。
北川工業は、人がいい!ありきたりな言葉ですが、この言葉が一番しっくりきます。

私は電車通勤をしていますが、帰宅時間が重なった人とお話をさせて頂きながら帰ることも多いです。部署も役職も年齢も様々ですが、私から話しかけると、いつでも気さくに聞いていただけます。本当に風通しの良い会社だと実感しています。

staff_tanaka2

◆Message

学生のみなさん、企業情報を集めたり、会社説明会に行く段階では、業界や職種を絞りすぎないことをお勧めします。
私は農学部出身なので、友人の多くは農学部に関連した企業へ就職を決めていきましたが、私は周りに流されず、自分の価値観を大切にして、かなり幅広い視野で就職活動を行いました。そこで出会えたのが、北川工業です。
経験者にアドバイスを求めると、多種多様な答えが返ってきます。それは、人それぞれの価値観があるからです。どれも間違っていませんが、自分に合っているかは別の話。
就職活動は、不安ばかりが募る人や、スパっと1社のみで決めていく人など様々だと思います。しっかり自己分析をして、自分に合った道を見つけ、胸を張って進んでみてください。
皆さんの人生が、納得のいく方向へ向かうことを心から願っています。
製品に関するお問い合わせ

製品情報や技術サポート情報などは、「製品サイト」にてご覧いただけます。「製品に関するお問い合わせ」や「サンプル請求」も製品サイトで受け付けております。

製品サイト

製品に関するお問い合せ

PAGE TOP